大統領選挙と日本の住宅ローン

  1. TOP
  2. ファイナンシャルプランナー(FP)コラム
  3. 大統領選挙と日本の住宅ローン

ドナルド・ジョン・トランプ氏が大統領選挙でヒラリー・クリントン氏を破り第45代アメリカ合衆国大統領に就任することが決定しました。

多くの報道では、ヒラリー・クリントン氏優勢とされていましたが、蓋を開けてみると、トランプ氏の隠れ支持者が予想以上に多かったことと、どちらを支持するか特に決めていない人たちの取り込みなど、見えないところでの動きに大きな影響力があったようです。
イギリスのEU離脱が国民投票で決まったときも、一般的な予測と異なりました。
「当事者である国民が選んだ」ことではありますが、アメリカの大統領選も、イギリスのEU離脱も、世界経済に大きな影響を及ぼす出来事です。
そして、その後の政策によっては、為替や金利など私たちの身近なところにも動きが出ます。

現在、住宅購入を計画している方、住宅ローンの借り換えを検討している方は、固定金利、変動金利の選択と、融資実行時期をいつにするのか決めるため、今回の件、動向が気になっておられたかと思います。
今回の大統領選が終わった直後は、為替と金利の動きもユーロがドルに代わった以外はEU離脱の時と同じような感じの動きをして、ドルが売られる → 円が買われる → 長期金利が下がる!?と思われていました。
しかし、フラット35の最低金利(期間21年以上・融資9割以下)を例にとってみると、過去最低金利は、2016年8月につけた0.90%でしたが、大統領選後2016年12月の最低金利は、1.10%に上昇しました。(2016年11月は1.03%)

アメリカの動向だけに影響を受けるのではなく、それまでの日本国内の金融政策、諸外国との関連など、様々な要素が影響を及ぼしていることがわかります。
世の中の動きを見ながら固定金利と変動金利どちらを選択するかの判断は、とても難しい問題です。

固定金利を選択する場合

住宅ローンでは、借入時に毎月の返済額が決まります。今はご存じの通り低金利時代なので、低い金利で固定することができます。今後の返済額を固定することで、ライフプランのシミュレーションがしやすくなる、というメリットがあります。
ただし、変動金利と比べると金利が高く設定されているため、変動金利で試算するよりも毎月の返済額が大きくなる可能性があります。

変動金利を選択する場合

前述の通り、変動金利は固定金利よりも金利が低く設定されています。また、融資時期に金利が高く将来金利の引き下げが予測される場合などは、有利となります。
しかし、融資期間中の低金利の時期にはメリットがありますが、住宅ローンは長期にわたりますので、金利上昇により負担が重くなる可能性があります。

借り換え事例住宅ローンの金利が低いので、見直して月々の返済額を削減したケース

Dさん(埼玉県さいたま市大宮区)

最近、住宅ローンの金利が低いと気になってはいたが面倒くさいという理由からそのままにしておいたが、相談室で借換えの相談もできることを知り、見直しを行いました。

見直し前
ローン残高
2,000万円
金利
2.457%(変動)
残期間
25年
毎月の返済額
89,471円
総返済額
26,841,524円
見直し後
ローン残高
2,090万円
金利
0.725%(変動)
残期間
25年
毎月の返済額
76,191円
総返済額
22,857,543円

月々の返済額が13,280円ダウン!総返済額は3,983,981円ダウン!
相談室での借り換え相談を知り、見直すことで、月々の返済額を削減したケース。

※90万円は借り換え諸費用(概算)です。

その他のライフプランご相談事例はこちら

融資実行時期の金利の状況だけでなく、各ご家庭の将来の状況も、住宅ローンの借り入れや借り替えの選択材料にして下さい。
そして、いくつかの金融機関で住宅ローンの金利や返済プランを比べてみることも必要です。その際には、返済プランが可能かどうか、ご自身のご家庭のライフプランのシミュレーションをしてみるとよいでしょう。返済プランを見るだけではわからない問題点が、ライフプランと組み合わせることで、何か見つかるかもしれません。

ファイナンシャルプランナー(FP)による
住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。


下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか
    安心できる予算を相談したい
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 将来の家計のことも相談して、無理なく住宅を購入したい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

ご予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入無料相談
おうちの買い方相談室 さいたま
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5階 Mio 埼玉県庁前 内
TEL:048-814-2080
https://おうちの買い方.com/

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧へ

ご相談者様の声

Mさん子供の教育環境を最優先してファミリーマンションを購入、快適な暮らしを手に入れました。
Mさん(千葉県流山市)
お子様を、伸び伸びと育てられる環境を整えるため引っ越しを決断されたM様。小学校が隣接し、車の交通量も少ない、ぴったりのエリアでファミリーマンションを購入。気兼ねなく安心して過ごせる住環境を見つけることが出来ました。

Mさん家が広くなって屋上もあるので、ステイホーム週間でも快適に過ごせました。
Mさん(埼玉県越谷市)
ライフプランシミュレーションにより適正価格を知り、無理のない計画で一戸建てを購入されたM様。賃貸マンション住まいから広々とした一戸建てになって快適な空間を手に入れました。住宅ローン控除や住まい給付金なども上手く活用され、お得に満足のいく物件と出会えました。

Tさん専門家に相談に行くのは敷居が高いと考えずに、住宅購入専門のファイナンシャルプランナーさんに相談に行くことをおすすめします。
Tさん(埼玉県所沢市)
無料セミナーにご参加いただき、その後実際に住宅購入に向けてライフプランシミュレーションを作成。当初は注文住宅をご希望されていましたが、条件を整理していくことで、建売住宅で大満足の物件に出会うことができました。

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はご相談者様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市、吉川市などの埼玉県内や、東京都北区、板橋区、練馬区、豊島区など埼玉近郊のさまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外や埼玉県近郊は、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

交通案内:JR浦和駅西口より徒歩10分

> GoogleMapで見る

住宅購入・住宅ローン無料相談予約