ファイナンシャルプランナー(FP)紹介

  1. TOP
  2. ファイナンシャルプランナー(FP)紹介

ご挨拶

正しいお家の買い方を広め、住宅ローン破綻のない社会を実現する

家を建てることは人生で特別なことであり、家族の様々な想いがあります。しかし、家づくりに対する知識がないままで家を建ててしまうと最悪なケースとしては住宅ローンを払い続けることが出来なくなり、せっかく建てたマイホームを手放さなくてはならないという事も起こるのです。

あなた様はそんなことが起きるのは、ほんの一部で自分には関係ないと思われるかもしれません。
しかし、2010年度のデータでは5万1746件もの方が住宅ローン破綻をされているのです。
単純に2010年に家を建てた件数で割ると、なんと16人に1人が破綻しているという計算になります。

このような話をすると、住宅購入に不安を感じる方もいるかもしれません。
ご安心ください。購入する前に、正しい知識を持ち、住宅購入・住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナー(FP) のアドバイスの元で進むことができればこのような悲劇は、起きることがありません。私どもでなくてもかまいませんので、第三者的な立場の専門家と一緒に住宅購入の道を進んでいくことをおすすめ致します。

一般社団法人 住宅購入支援協会 認定
住宅購入カウンセラー(ファイナンシャルプランナー・FP)とは

住宅購入をお考えの方に対して第三者的な立場で「正しい家の買い方」をアドバイスする住宅購入・住宅ローンの専門家です。
ファイナンシャルプランナー(FP)が、お家づくりを成功に導くため住宅購入における

「住宅購入の適正価格」
「住宅購入資金(住宅ローン)の選び方」
「住宅を購入する際の住宅会社の選び方」

など徹底的にご相談者様の立場に立って家づくりのサポートを行い成功へと導いていきます。

住宅購入資金(住宅ローン)のことだけでなく、教育資金・老後資金のことも含めたライフプランをシミュレーションし、分かりやすくご説明します。

ファイナンシャルプランナー(FP)紹介

小日向 邦夫

小日向 邦夫
一般社団法人 住宅購入支援協会 認定
住宅購入カウンセラー
ファイナンシャルプランナー(FP)

大学卒業後、東証1部上場の住宅会社専門のコンサルタント会社に就職。在職中にファイナンシャルプランナー(FP)資格を取得。
30歳で独立系のファイナンシャルプランナー(FP)として独立。10年以上に渡り、1,000世帯以上の保険や住宅購入の相談業務を担当する。
また同時に住宅会社向けのコンサルタントとして別会社を設立し、全国で150社以上の加盟店をサポートすることも行ってきた。
住宅購入者の悩みと住宅販売者の悩みの両面を理解することができる、数少ない住宅購入・住宅ローンの専門家。
住宅業界とエンドユーザーのミスマッチを少なくすることを使命と考え、「一般社団法人 住宅購入支援協会 認定 住宅購入カウンセラー(ファイナンシャルプランナー・FP)」として活躍している。

―FPになったきっかけ

FPになる前は住宅会社向けのコンサルティング会社に勤めておりました。全国各地の中小の工務店やビルダーさんに対して経営指導をするのが主な業務でした。
9年のキャリアを積んで工務店経営のイロハを身に着け、この間にFPの資格も取得しました。30歳の時に、保険の代理店業を営んでいた実家の稼業を継ぐ決断をして起業に至りました。

―住宅購入専門のFPになった理由

保険のお客様の中に住宅を購入される方がいらっしゃったのがきっかけでした。不動産会社の紹介や価格交渉、物件案内の同行など、前職での知識と経験を生かしてお手伝いしたところ、とても喜んでいただき、それまでにない感動体験を仕事を通じて得ることができました。保険の場合は誰から加入しても商品や価格は同じですが、住宅の場合は数百万の違いがでる可能性があり、買い直すことは非常に難しいと実感しました。

―私自身も住宅購入に苦労した経験

また、私自身が10年前に住宅を購入した経験も現在の業務につながっています。購入を希望したエリアは土地が高く、戸建ての購入は難しかった為中古マンションを購入してリノベーションするという選択をしました。
当時は今ほどリノベーションを手がける会社も少なかったので、自分で不動産会社を通じて中古物件を探し、プランニングも知り合いの設計士に依頼、現場監督は地元のリフォーム会社にお願いして進めました。
その際、住宅に比べてリノベーション物件の場合はリフォームローンを組むのが厳しいという現実も知りました。住宅に関してはプロだと思っていた私でも苦労しました。ましてや、初めて家を買う人が、仕事をしながらインターネットの情報を頼りにこれらをクリアし、満足できる家づくりをするのは難しいのではないかと感じたのです。
ならばそれを担うことでよりお客様満足度の高いサービスを提供できるのではないかと立ち上げたのが「おうちの買い方相談室」です。

―住宅購入で失敗する事例とは

例えば価格。本来その人が持っているもの以上の予算のものを買ってしまうことや、作りたい家と出来る家の違いがわからず、納得の家づくりができないこと。また、不動産契約に際してのトラブルも知識がないことで起きてしまいがちです。
家を購入するという人生において大きな買い物の入口を間違えて残念なことが起こらないように、FPとしての知識と経験をご提供しています。
FPはお金のプロなのですが、実は住宅に詳しくないFPというのは結構いるんです。家の購入経験がなかったりすると、どうしても杓子定規なアドバイスになりがちですが、私の場合は工務店の事情も、買い手(お客様)側のことも理解できるので、家の探し方、資金、業者との付き合い方、価格交渉まで、ワンストップでフォローできるのが強みです。

―ライフプランを立てる重要性

お客様の中にはご自身でライフプランを考えた上でご相談にいらっしゃる方も、そうでない方もいらっしゃいますが、実際に我々FPから質問されて初めて気づくことや認識することも多いです。
どうしてもご自身で組み立てていくと、甘めに見積もってしまったり、逆に厳しめに考え過ぎてしまったりします。また、住宅に関する税制についてアドバイスが必要になることもあります。正しい知識を持った人間から正しい質問を得て、形にしていくと、正しいプランが導き出されます。

―住宅購入に必要なものは決断力です

家を購入する際には、あらゆる場面で決断力を要します。決断力を強めるためには根拠が必要です。プロが作ったライフプランシミュレーションはその根拠となるのです。ライフプランをシミュレーションする上でお勧めしたいのは、家計について、実際に使っているお金(用途と金額)を洗い出しておくことです。
意外と、ご自身で把握されていないことも多いのですが、この辺りの分析は事前にしておかれるほうがより正確なプランが出せます。
今後の収入や退職金については会社の規定を調べておくことも有効です。現状のご自分たちのお金の流れや、お子さんがいらっしゃるご家庭では教育費についても把握していく必要があります。もちろん、わからないことは遠慮せず、お気軽にご相談ください。

ライフプランご相談事例

住宅購入事例1住宅購入を希望のご相談者様の、家計の見直しとライフプランシミュレーションの作成

家が欲しい家族

Aさん 35歳 妻 子供2人

(埼玉県さいたま市浦和区)

3500万円のマイホーム購入を希望されていたがライフプランが赤字となり家計の見直しを行いました。

世帯年収550万円
頭金80万円
希望物件の金額3,500万円
見直し前
収入
手取り40万円
支出
家賃10万円
生活費18万円
マイカーローン3万円
生命保険5万円
教育費3万円
貯蓄1万円
見直し後
収入
手取り40万円
支出
家賃10万円
生活費18万円
マイカーローン完済
生命保険2万円
教育費3万円
貯蓄7万円

生命保険で住宅ローンより利率の悪い保険を見直してマイカーローンを一括返済
増えた貯蓄の一部を住宅ローンに組み入れることでライフプランが改善され
将来の家計に不安が無くなり、3,500万円のマイホームを安心して購入できるようになりました。

住宅購入事例2適正な住宅購入金額で、ご希望に沿った物件をご紹介したケース

Bさん(埼玉県上尾市)

最寄り駅の不動産会社に行ったところ現在の年収だけを見て4,000万円の物件を紹介されました。

不安に感じたBさんは、ファイナンシャルプランナー(FP)に適正価格診断と住宅ローンについて相談。
実際には3,500万円が適正だったと分かりました。

「おうちの買い方相談室 さいたま」の不動産担当者と希望エリアで物件探しをして3,480万円の物件が見つかり、理想のマイホームを購入することができました。

理想的な不動産の紹介を受け、3,480万円の理想通りのマイホームを購入。
しかも、住宅ローンを無理なく返済していくこともでき、
安心して暮らしていけるとお喜びいただきました。

その他のライフプランご相談事例はこちら

ご相談者様の声

Kさん最初から第三者的立場のプロに私たちの住宅ローンの返済プランについて相談しておくべきだったと痛感しています。
Kさん(埼玉県さいたま市西区)
リフォーム会社で中古物件+リノベの購入を予定していたものの、返済可能な住宅ローンの範囲を超えた価格となり断念。当社で改めてじっくりとライフプランシミュレーションを作成し、希望の物件に巡り合うまでワンチームで物件探しもサポートさせていただきました。

Kさん何十件もの物件を実際に見て回ることで、しっかり自分たちの納得のいく家を見つける事ができました。
Kさん(埼玉県さいたま市大宮区)
家族が団らんできる広いリビングスペース、そして日当たり良好で解放感のある明るいお家で、メリハリのある生活リズムを得ることができました。

Sさん住宅購入は人生の中で大きなイベント。自分たちだけで決めず、住宅購入の専門家に相談し、意見を聞きながら、自分たちのベストだなと思う場所を見つけられるように頑張れば失敗は少ないのではないかと思います。
Sさん(東京都足立区)
ビルトインガレージのある家を購入し、雨の日の作業や荷下ろしも快適になったS様。ライフプランシミュレーションで算出した購入価格をもとに、希望条件を夫婦で話し合い、最適の一戸建てを購入することができました。

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はご相談者様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市、吉川市などの埼玉県内や、東京都北区、板橋区、練馬区、豊島区など埼玉近郊のさまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外や埼玉県近郊は、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

交通案内:JR浦和駅西口より徒歩10分

> GoogleMapで見る

住宅購入・住宅ローン無料相談予約