よくあるご質問

よくあるご質問
ファイナンシャルプランナー(FP)への相談は無料なのですか?
初回のカウンセリングは無料です。その後、ローンの適正金額算出やライフプランシミュレーション等の資料作成につきましては、全てあわせて¥5,000(税別)となっております。
もし満足いかなかった場合には、全額返金保証いたしますので、ご安心ください。
ファイナンシャルプランナー(FP)への相談の時間はどれくらいかかりますか?
1回あたり1時間~2時間程度となります。あなた様のお家に対する想いを時間の限りお聞きしていきます。
出張カウンセリングは可能ですか?
可能です。出張カウンセリングもファイナンシャルプランナー(FP)がご対応させていただきます。
なお、さいたま市内(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)は無料です。さいたま市外への出張の場合は、距離によって別途交通費を頂戴いたします。
注文住宅の購入相談も可能ですか?
可能です。注文住宅はもちろん建売一戸建て住宅、新築マンション、中古マンションリノベーションまで対応可能となっております。
一般社団法人 住宅購入支援協会 認定 住宅購入カウンセラー(ファイナンシャルプランナー・FP)ってどんな人?
住宅購入に関するお悩みを解決することができるファイナンシャルプランナー(FP)です。
一般社団法人 住宅購入支援協会の資格試験に合格し認定された者だけが名乗ることができる、いわば住宅購入・住宅ローンの専門家です。
住宅ローンについても相談可能ですか?
住宅ローンにつきましても可能です。借入金額・返済年数・固定金利・変動金利・金融機関などの資金計画につきまして、住宅ローンの専門家が適切にアドバイスさせていただきます。住宅ローンの借り換えをご検討の場合にも、ファイナンシャルプランナー(FP)がシミュレーションを行い、返済金額や返済期間などを計算し、アドバイスさせていただきます。
マイホーム購入、何から始めれば良いのですか?
あなた様の適正購入価格を知ることです。
マイホーム購入は、一生で一番高いお買いものです。その価格をお友達が3,000万円で購入したからという理由で決めてしまったり、住宅会社さんの資金計画だけで決断してしまうのはリスクがあると思いませんか?
まずは、あなた様に合った適正購入価格を知ることからスタートしてください。

> 適正購入価格を知りたい方はこちら

マイホーム予算診断とはどのようなものですか?
あなた様の適正購入価格を知ることができるサービスです。
通常、住宅購入時に銀行から教えてもらえる価格は、住宅ローンを借りられる金額のみです。しかし、その金額が35年間払い続ける価格でなかった場合には最悪のケースとして住宅ローン破たんを起こすということになります。
マイホーム予算診断ではあなた様が払い続けることができる安全予算を知ることができるサービスとなります。
住宅ローンの借り換えを相談したいのですが可能でしょうか?
はい、可能です。
住宅ローンを扱っている金融機関を3社調査します。
メリットがある場合には固定金利、変動金利、ミックスの場合にどのくらいの差額が出るのかをシミュレーションし住宅ローン専門のファイナンシャルプランナーが提示させていただきます。
フラット35の取り扱いはありますか?
あります。弊社はフラット35の取次店となっておりますので、事前審査や面倒な住宅ローン書類提出のサポートまで行うことが可能です。
固定金利と変動金利はどちらが良いのですか?
お客様の状況によって変わりますので、即答できません。
固定金利と変動金利にはどちらにもメリット・デメリットがありますのでお客様の家計・資産・考え方などの状況によってどちらが有利か変わってきます。
日本には住宅ローンが400種類以上もあると言われていますので、1つの金融機関だけでなく様々なシミュレーションできる所で検討されると良いでしょう。
相談できる時間帯はいつですか?
オフィスでの相談は月から土の10時~17時までのお時間で受け付けしています。
出張相談は17時以降19時まで対応可能です。
どうやって住宅購入カウンセリングに申し込めば良いのですか?
本サイトの申し込みフォームかお電話048-814-2080よりお申込みください。
小さい子供がいるのですが連れて行っても大丈夫ですか?
カウンセリングを集中した環境で行いたいという理由からご夫婦のみでのご来場をお願いしています。ご理解のほどお願いいたします。
どんなきっかけでファイナンシャルプランナー(FP)に相談するケースが多いのですか?
「正しいお家の買い方」が知りたいという家づくりを始めたばかりの方から、住宅会社をどこにすれば良いのか迷っているという方まで様々です。相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。
年収が以前よりも少なくなってしまいましたが、住宅ローンの借り換えは可能ですか?
年収が下がっても、支払額は変わりませんので返済が厳しくなって借り換えしたいというお気持ち良く分かります。借り換え時にも、新規融資の時と同様に金融機関の審査が必要になります。そこで、重要になるのは返済比率です。返済比率とは、税込み年収に対する住宅ローン(他のローンも含む)の年間返済割合のことです。金融機関によって差異がありますが30%や35%以内の比率であることが条件になります。
過去にローン等の延滞があると、住宅ローンの借り換えはできませんか?
住宅ローンの延滞があるとマイナス評価となります。ただし、通常の場合借り換えの審査に必要になる書類は1年間の支払い履歴がある通帳というケースが多いので延滞の時期がいつなのかという部分がポイントになります。
住宅ローンの借り換えをすると、どんなメリットがありますか?
借り換えによって金利を下げることができれば、毎月の返済額が少なくなりますので返済の負担を減らすというメリットがあります。また、変動金利から固定金利に変えることができれば、今後の金利上昇のリスクをなくすというメリットが得られます。
ただし、借り換えによって諸費用がかかりますし、条件によっては住宅ローン減税が使えなくなるというデメリットがある場合もありますので事前にシミュレーションすることが重要になります。
相談室でも借り換えシミュレーションすることができますのでご相談ください。
住宅ローンを借り換えすると、適用されている住宅ローン減税はどうなりますか?
一定の条件を満たすことができれば、住宅ローン減税を受けることが可能です。ただし借り換え後に10年間の控除期間が始まるわけでなく住宅購入時から10年間で期間が伸びるわけではありません。また、借り換え時に諸費用も含めて借り換えした場合には控除対象の住宅ローン残高を調整する必要があります。
転職して間もないのですが、住宅ローンの借り換えは可能ですか?
転職して間もない方の借り換えはマイナス評価となり厳しくなります。ただし、金融機関によって審査基準が違いますし、転職してからの期間や個人事業主として独立した場合などによって状況が変わってきますので、詳細の内容をお知らせいただければ具体的なアドバイスができると思います。
車等のローンがあるのですが、住宅ローンの借り換えは可能ですか?
借り換え時にも住宅購入時と同様に審査を行います。そこでポイントになるのが返済比率になります。返済比率とは、税込み年収に対する住宅ローン(他のローンも含む)の年間返済割合のことです。車のローンも含めての比率を計算しますのでこの割合が金融機関の基準以下であることが条件のひとつになります。

お客様の声

Yさんファミリー皆さん、これだ!と思える家が見つかるまであきらめないで探し続けて下さい。
おはなし:Yさんご夫婦
「おうちの買い方相談室さいたま」にて無料カウンセリングを受け、2014年11月に新築完成。

Kさんファミリーしっかりライフプランを組んで納得の家づくりができました!
おはなし:Kさんご夫婦
「おうちの買い方相談室さいたま」にて無料カウンセリングを受け、2014年11月に新築完成。

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はお客様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市の他、さまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外でも、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

住宅購入・住宅ローン無料相談予約