令和3年税制改正で「住宅ローン控除」はどう変わる?

  1. TOP
  2. ファイナンシャルプランナー(FP)コラム
  3. 令和3年税制改正で「住宅ローン控除」はどう変わる?

令和2年12月10日に自民党・公明党より、令和3年度の税制改正大網が発表になりました。
令和2年はコロナウイルス感染症の拡大により日常生活を大きく変えざるを得ない1年でした。新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済環境を下支えするため、様々な改正が盛り込まれています。今回のコラムでは、マイホームに関連する「住宅ローン控除」の令和3年改正内容を中心にご紹介したいと思います。

住宅ローン控除の延長

消費税増税に伴う消費意欲減退を防止する策の一つとして、住宅ローン控除の適用期間を10年から13年に延長するという特例措置がありましたが、この特例が令和4年12月末入居まで延長となりました。

  令和2年 令和3年 令和4年
令和2年
税制

令和2年12月末
までの居住

新型コロナ
税特法

契約期限
※1

令和3年12月末
までに居住

令和3年
改正

契約期限 ※2

令和4年12月末までに入居

※1 注文住宅:令和2年9月末までに契約が必要
分譲住宅・既存住宅を取得する場合、増改築等をする場合:令和2年11月末まで

※2 居住用家屋の新築:令和2年10月1日~令和3年9月30日までの期間
居住用家屋で建築後使用されたことのないものもしくは既存住宅の取得またはその者の居住の用に供する家屋の増改築等:令和2年12月1日~令和3年11月30日までの期間

面積の要件緩和

また、住宅ローン減税が適用される物件の対象を拡大し、現在の床面積の50平方メートル以上から『40平方メートル以上』に変更となりました。ただ、新たに対象となる40平方メートル以上50平方メートル未満の物件については、所得制限が厳しくなり3,000万円以下から1,000万円以下に引き下げとなりましたので、もしもこの条件に当てはまる場合は、居住開始時期をご検討下さい。

令和4年以降の住宅ローンの控除額について

現在は、借入残高の1%が所得税から控除される仕組みになっていますが、実は、2022年度から「借入残高の1%」と「その年に払った利息総額」のうち『少ない方』を控除するという案が浮上しています。
低金利の中で「1%」を下回る住宅ローンを利用する人が8割という現状があり、住宅ローン控除額が、ローンの支払利息額を上回る「逆ざや」が発生しています。低金利の中での控除率の「1%」が妥当なのかという議論が起きているそうです。

住宅ローン控除の面から見ると、令和3年の購入の方がメリットが出る可能性が高いかもしれません。

コロナウイルスが蔓延する中で、「将来は予測不能なものだ」と誰もが認識を深めました。住宅購入という大きな買い物はいったん状況が落ち着いてからにしよう・・・とお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、令和2年に一戸建てを購入されたご相談者様にお伺いしたお話しですが、経済状況が不安定な中での住宅購入は、大きな決断ではあったものの、マンションだと共用部分で他人と接触する機会も多かったと思うので、安心して子育てをできたという点では、思い切って計画通りに契約を進めてよかったと実感しているという声をお聞きしました。

ずっとテレワークを併用しての勤務とのことで、自宅に仕事をするスペースを確保することもできていることで、家族全員、大変ご満足されているそうです。

また、住宅ローンを組むにあたり、収入状況、家族構成、将来の予定などをもとにライフプランシミュレーションを行い適正な住宅購入額を算出したので、将来の返済について不安は少ないともおっしゃっていました。

税制が複雑化し、複数の補助金・助成金が発表される中、選択肢も多岐にわたります。おうちの買い方相談室さいたまでは住宅購入カウンセラーでもあるファイナンシャルプランナー(FP)が、一緒に住宅購入のお手伝いをさせていただきます。オンラインでの相談もお受けしておりますので、是非一度ご連絡ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)による
住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。


下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか
    安心できる予算を相談したい
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 将来の家計のことも相談して、無理なく住宅を購入したい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入無料相談
おうちの買い方相談室 さいたま
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5階 Mio 埼玉県庁前 内
TEL:048-814-2080
https://おうちの買い方.com/

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧へ

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はご相談者様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市、吉川市などの埼玉県内や、東京都北区、板橋区、練馬区、豊島区など埼玉近郊のさまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外や埼玉県近郊は、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

交通案内:JR浦和駅西口より徒歩10分

> GoogleMapで見る

住宅購入・住宅ローン無料相談予約