消費税増税後には贈与税の非課税枠を使って賢く住宅購入

消費税増税後には贈与税の非課税枠を使って賢く住宅購入

住宅購入は、人生の中でも大きなお買い物です。そのため、頭金を親や祖父母から援助していただいて、月々の住宅ローンの負担を軽くするというケースもよく見られます。
ただ、贈与税の税率は下記のようにとても高いので、計画的に贈与をする必要があります。

贈与金額 税率 控除額
110万円以下 非課税 -
200万円以下 10% 10万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,500万円以下 45% 175万円
3,000万円以下 50% 250万円

例:1,000万円贈与した場合の贈与税
(1,000万円-110万(基礎控除) )×40%-125万=231万円

贈与税の非課税枠について

贈与税には年110万円までの非課税枠(暦年贈与)があり、相続税対策として贈与税の非課税枠を利用して、毎年少しずつ財産を次の世代に移していく方法が取られますが、「住宅取得資金」の場合は、この110万円の非課税枠のほかに、一般住宅で年間700万(省エネ住宅などの高性能住宅の場合は1,200万円)の非課税枠が設けられています。
つまり、一般住宅の場合、810万円まで贈与税がかからずに資金を援助することができるのです。

消費税増税に伴う、住宅購入資金非課税枠の拡充

これまで、消費税率が上がるたびに、直前の住宅購入の駆け込み需要が発生しましたが、その反動減が大きな問題となっていました。今回の10%への増税では、その対策として消費税増税のタイミングで「住宅購入資金」の贈与税非課税枠が、一般住宅の場合で700万から2,500万円に拡充されることが決まっています。高性能住宅の場合は、3,000万円
そして、この拡充枠は、下記のように、契約時期によって少しずつ減額されていきます。

〈一般住宅の場合〉
契約時期 〈一般住宅の場合〉
非課税枠
〈高性能住宅の場合〉
非課税枠
2019年4月1日~2020年3月31日 2,500万円 3,000万円
2020年4月1日~2021年3月31日 1,000万円 1,500万円
2021年4月1日~2021年12月31日 700万円 1,200万円

ある程度の資産をお持ちで、お子さんやお孫さんが住宅を購入しようとされていたら、消費税増税前後のこの1年が、財産贈与の絶好のタイミングとなります。
将来の相続税対策になることは言うまでもありません。

「住宅取得等資金贈与の非課税」を受けるための主な要件

下記のように細かい要件がいくつかありますので、該当するか、事前にしっかりと確認しましょう。

  • 贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、購入、新築、増改築等を行った物件の残金決済・引き渡しを行って、住宅を所有すること
  • 贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、当住宅に居住すること。または、その後遅滞なく入居することが確実と見込まれること。
  • 贈与を受けた年の子の合計所得金額が2000万円以下であること
  • 子の年齢が贈与を受けた年の1月1日時点で20歳以上であること
  • 住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上240平米以下
  • 中古住宅の場合は以下3つのいずれかを満たすもの

    (1) マンションなど耐火建築物は築25年以内、木造などは築20年以内

    (2) 一定の耐震基準をみたすことが建築士等によって証明された住宅

    (3) 購入後に耐震改修工事を行い、贈与を受けた年の翌年3月15日までに建築士等によって一定の耐震基準に適合すると証明された住宅

消費税課税に関する注意点

住宅購入資金の贈与税非課税の拡充枠は、あくまでも消費税10%の物件を購入するための資金分が対象です。土地には消費税がかかりません。また、個人から住宅を購入する場合は、建物も土地もすべて消費税は課税されません。
そのため、「消費税10%の物件」かつ、「新築住宅」「住宅の新築や増改築」「不動産会社が売り主の中古住宅」の購入の場合にこの制度が適用されることご注意下さい。

税金面などの優遇措置にタイミングをうまく合わせられると、お得に住宅を購入することができるケースが多々あります。しかし、それに合わせて、良い物件に出会うことは簡単なことではありません。
おうちの買い方相談室さいたまでは、住宅購入カウンセラーの資格を持つファイナンシャルプランナー(FP)が、税金や住宅購入関連の制度の活用についてだけでなく、物件探しのアドバイスもいたします。是非、一生に一度の大切なお買い物の前にご相談下さい。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入無料相談
おうちの買い方相談室 さいたま
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5階 Mio 埼玉県庁前 内
TEL:048-814-2080
https://おうちの買い方.com/

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧へ

ご相談者様の声

Sさん賃貸と違い、資産として残るものにお金を払うことは満足度が違いますし、仕事の頑張りにもつながります。
Sさん(埼玉県上尾市)
ファイナンシャルプランナー(FP)に予算と希望エリアを相談してライフプランシミュレーションを作成。満足の予算で、住み心地よく、デザインも素敵な住宅に出会うことができました。

Uさん中古住宅しか買えないだろうと思っていましたが、家賃と変わらない金額で新築住宅を購入することができました。
Uさん(埼玉県さいたま市緑区)
ご自身で住宅を持つことは、年齢、収入面で難しいと思っていらっしゃったU様。ファイナンシャルプランナー(FP)に相談し将来設計を見直したことで、新築住宅購入を実現することができました。

Aさんご夫婦住宅購入にどんなお金がかかるか漠然としていたのが、相談することで明確になり、家計を見直すきっかけにもなりました
Aさんご夫婦(埼玉県桶川市)
住宅購入を決めてから短期間でお引越しまで完了。桶川市のA様ご夫婦は、住宅を購入しようと決断してすぐに、ファイナンシャルプランナー(FP)にご相談にいらっしゃいました。

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はご相談者様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市、吉川市などの埼玉県内や、東京都北区、板橋区、練馬区、豊島区など埼玉近郊のさまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外や埼玉県近郊は、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

交通案内:JR浦和駅西口より徒歩10分

> GoogleMapで見る

住宅購入・住宅ローン無料相談予約