失敗しない不動産仲介物件の住宅購入について

  1. TOP
  2. ファイナンシャルプランナー(FP)コラム
  3. 失敗しない不動産仲介物件の住宅購入について

住宅の販売形態は、大きく分譲物件と仲介物件の2つに分かれます。
分譲物件の売買は売り主である不動産会社から直接購入するケース、そして仲介物件の売買は売り主から仲介の依頼を受けた不動産会社を通して住宅を購入するケースを言います。
「分譲物件」は一般的に新築マンションや、数十区画をまとめて販売する新築一戸建ての分譲住宅などが当てはまり、「仲介物件」は新築一戸建てや、中古住宅が当てはまります。
最近、建売住宅や中古物件に的を絞って住宅をお探しになる方からのご相談が増えていますので、今回は、仲介物件の住宅購入の仕組みについてお話ししたいと思います。

不動産仲介の仕組み

一般的な商品の販売は、下記のようにお店が利益を上乗せして店頭に商品が並びます。

一般の品物の流れ

お店は20円の利益

不動産会社のチラシや店頭に張り出される物件の売買も同じように不動産会社の取り分が上乗せされていると考える方が多いと思います。

不動産会社が仕入れて販売する

111万円の利益(3,611万円-3,500万円)

しかし、実際は下記のように受け渡しのお手伝いをするだけです。その手数料として「仲介手数料」が発生します。

不動産物件の受け渡しのお手伝い

受け渡しのお手伝いの手数料(仲介手数料)として、
111万円(3,500万円×3%+6万円)を上限に受領。
手数料の計算方法は以下でご説明します。

住宅購入時の仲介手数料

「仲介手数料」は「宅地建物取引業法」という法律によって仲介手数料には上限が決められています。(仲介手数料は売買契約が成立して初めて発生します)

<宅地建物取引業法に定められた仲介手数料の上限(一部)>

  • 取引額200万円以下の部分:取引額の5%以内
  • 取引額200万円を超え400万円以下の部分:取引額の4%以内
  • 取引額400万円を超える部分:取引額の3%以内
    400万円を超える物件については、以下の式で仲介手数料の上限額を速算できます。
    →売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

大まかに計算すると、以下となります。(消費税別)

物件価格 仲介手数料の上限
200万円の物件 10万円
400万円の物件 18万円
1,000万円の物件 36万円
2,000万円の物件 66万円
3,000万円の物件 96万円
4,000万円の物件 126万円
5,000万円の物件 156万円

売主との価格交渉の重要性

実は、仲介業者、仲介担当者の交渉力の差により住宅の購入価格が変わってくることがあることが多くあります。そして、交渉力の上手い仲介担当者に出会えるかどうかは運しだい・・・といえるところもあります。

購入したい物件が決まると、買主様から売主様へ購入意思を伝える手段として「買付証明書」という書類を提出します。この書類には購入希望金額を記入することができるので売主様の売却希望額より低い金額を記入することができます。

ここで気を付けないといけないのは、あまりに低すぎる金額を記入して売主側の気分を害さないという点です。不動産取引の場合、どんなに買いたいという気持ちがあっても売却するかどうかを決めるのは売主側です。インターネットの取引と違って、人間同士の取引なので「感情」が売買価格を左右するという世界なのです。

ですから、売主との交渉を任せる代理人の役割を担う仲介担当者を誰にするかということが重要なのです。ではどんな仲介担当者を選べばよいのでしょうか?

<信頼できる仲介担当者を選ぶポイント>

  1. 不動産業界の中でも、個人の不動産売買を長期間(5年以上)経験している
  2. 売主様側と買主様側がwin‐winになるようなスマートな価格交渉ができる
  3. 売り上げのノルマや会社の方針に影響を受けない。(サラリーマンではない)

不動産取引の業務内容は、多岐にわたります。このケースの場合は、個人の不動産売買業務となりますので最低でも5年間は業務経験していることが望ましいです。
また、ゴリゴリの交渉をしてしまうと売買が成立しないというリスクを抱えてしまうので
交渉のカードをいくつか事前に準備してから価格交渉に臨むといったスマートな交渉スキルを持っていること。最後に、組織に所属している担当者の場合には売上のノルマや決算などの要因で交渉内容が左右されないようにサラリーマンの担当を避ける(サラリーマンの場合はトップセールスがベター)ことも検討されると良いかもしれません。

住宅を購入しようと決めると、まずは、どれくらいの住宅なら購入できるか、住宅ローンが組めるかなどをファイナンシャルプランナー(FP)に相談するケースが増えていますが、この時に、資金繰りの相談だけでなく、住宅購入の専門知識も持ち、不動産売買の経験のある人に、信頼できる仲介業者を紹介してもらうことをお勧めします。

金額的にも精神的にも住宅購入に関する負担をかなり軽減することができますので、マイホームを持ちたい・・・と考え始めたら、早い段階でファイナンシャルプランナー(FP)にご相談下さい

ファイナンシャルプランナー(FP)による
住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。


下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 住宅購入や住宅ローンについてどこに相談して良いか分からない
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • 安心して購入できるマンションの選び方が分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか安心できる予算を相談したい
  • 中古マンションのメリット、デメリット等について相談したい
  • 不動産会社へ行く前に住宅購入のプロに相談したい
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 将来の家計のことも相談して、無理なく住宅を購入したい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入無料相談
おうちの買い方相談室 さいたま
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5階 Mio 埼玉県庁前 内
TEL:048-814-2080
https://おうちの買い方.com/

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧へ

専門家の声

クローム税理士法人 代表社員 山守 成央士住宅購入はとても大きな買い物なのでファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談できるという仕組み(おうちの買い方相談室)はご相談者様にとって安心できる内容だと思います。 私も注文住宅の購入時に相談させてもらい非常に助かりました。

アクセスマップ

アクセスマップ

埼玉県さいたま市(西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、川口市、戸田市、朝霞市、新座市、和光市、蕨市、志木市、富士見市、川越市、上尾市、蓮田市、春日部市、越谷市、吉川市などの埼玉県内や、東京都北区、板橋区、練馬区、豊島区など埼玉近郊のさまざまな地域の方々が無料相談へいらっしゃいます。
また、さいたま市内は無料で出張相談もお受けしております。さいたま市外や埼玉県近郊は、距離によって別途交通費を頂戴いたしますが、出張相談可能ですので是非一度お問い合わせ下さい。

交通案内:JR浦和駅西口より徒歩10分

> GoogleMapで見る

住宅購入・住宅ローン無料相談予約